有馬温泉

【有馬温泉】ちょっと観光するなら「有馬玩具博物館」がおもしろい!

くるみ割り人形

有馬温泉へ旅行に行くというのは基本的にお温泉を楽しむことがメインになります。

けれどもせっかくなら少し街を歩いてその風情も楽しみたいもの。お風呂の合間を縫って街歩きをしたくなった私は「有馬玩具博物館」にふらりと立ち寄りました。

有馬玩具博物館外観

メインストリートの入口からはすでにミュージアムの建物が見えています。操り人形のオブジェが遠くからも目立って分かりやすい!

有馬玩具博物館外観

通りに面した外観はこちら。

有馬玩具博物館チケット売り場

早速入場することに。ちなみに大人ひとり800円でした。

有馬玩具博物館入口

入口には大きな大きなくるみ割り人形が門番のようにお出迎え。目ヂカラが効いていますね。

有馬玩具博物館工房

その横にはたくさんの工具が所狭しと並んだ工房がありました。イベントなども行われているようです。

そしていざ中に入ると!そこはたくさんのおもちゃで溢れかえっていました。おもちゃって子どもたちから大人まで笑顔になりますよね。みんな思い思いにおもちゃに触れて盛り上がっているようでした。

またこちらでは階ごとにテーマを分けておもちゃが展示してあるブースも。上から下へと降りてくる順路になっていたので順を追って紹介します。

6階「ドイツの伝統的なおもちゃ」

くるみ割り人形

ここでは有名なくるみ割り人形や煙出し人形がたくさん!勢ぞろいすると迫力満点です。直立不動のそのスタイルに愛嬌を感じました。

ドイツ工芸

そのほかではドイツの工芸品が細かい説明と共に展示してあるものに私は惹かれました。

ドイツ工芸

ひとつの丸太からろくろの技術で切り出される動物たち。すばらしい職人技に思わず見入ってしまいました。

5階「現代のおもちゃ」

現代のおもちゃ

この階は実際に手に取って遊ぶことができるおもちゃが取り揃えてありました。どれも本物の木のぬくもりを感じる優しいものばかり!

子どもたちからは楽しそうな声。ボードゲームに熱中している大人もいました。

4階「からくり人形オートマタ」

からくり人形

オートマタと呼ばれる新しいからくり人形はイギリスのもの。シンプルな仕掛けの組み合わせで人形が生き生きとユーモラスに動きます。この表情、味わいありますよね。

なぜ有馬とおもちゃがつながるのか??おもちゃを愛する人と有馬を愛する人の交流によってこの地に生まれたようです。

有馬玩具博物館館外観

このおもちゃがいっぱいの夢のような空間には私が子供の頃に遊んでいたものとは少し違った、海外からやってきた美しい工芸品に出会うことができました。

みなさんもしばしタイムスリップ。自分の中の童心を目覚めさせてくれるおもちゃの数々をぜひ手に取ってみてください。旅情も加わって思いがけないような感覚に浸れることと思いますよ。

ABOUT ME
石川つむぎ
石川つむぎ
「知らなかったものに出会える」そんな旅が大好きです。景色、歴史、食べ物、言葉。そして自分の中の感性や感情。それらと出会えたときの気持ちを大切に文章に綴っていきたいなと思っています。みなさんもhave a nice trip!!