Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/chinotaro/hyogo-tabi.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
神戸市

【神戸】癒やしスポット「東遊園地」で阪神淡路大震災に想いを馳せる

東遊園地

神戸の中心部、三宮から海側へ南下するフラワーロード沿いに、神戸ルミナリエの会場にもなっている「東遊園地(KOBE EAST PARK)」があります。

園内にはさまざまなモニュメントや建物があり、見どころ満載で散策にもおすすめの場所です。

今回は東遊園地にあるさまざまなモニュメントや見どころをご紹介します。

三宮駅から徒歩7分

東遊園地の入り口

東遊園地の最寄り駅は三宮駅。駅から続くフラワーロード沿いを7分ほど歩いていくと、東遊園地の入り口が見えてきます。

マップ

まずは東遊園地のマップで全体像を確認しましょう。入口から南へ向かい、ぐるっと一周するのがおすすめのルートです。

東遊園地は、元々神戸居留地の外国人が使うために、日本初の西洋式運動公園「外国人居留遊園」として開放されたのが始まり。サッカーや野球・ラグビーなど多くのスポーツが楽しまれ、西洋スポーツが日本に広まる起点となった場所です。

その後、公園内にはさまざまな種類の記念碑やオブジェが設置され、1995年の阪神淡路大震災以降は、その記憶を風化させないための「1.17希望の灯り」が灯されました。

犠牲者を追悼する「慰霊と復興のモニュメント」の設置、「神戸ルミナリエ」の追悼会場となるなど、震災の記憶と深く結びつく場所となっています。

花と彫刻が美しいフラワーロード

フラワーロードは、1960年代後半に「花と彫刻の道」として整備された通りです。この通りにはさまざまなモニュメントや、きれいな花がたくさん植えられた花壇があります。

スプリングストーン

こちらは1981年に設置された「スプリングストーン」。水が上から絶えず流れてくるモニュメントです。

区の花花壇

こちらは「区の花花壇」。色とりどりの花に癒やされますね。

スペースアイ

さらにフラワーロードを進むと、1981年に設置された「スペースアイ」があります。大きな透明のアクリル板中央に丸い穴が開いていて、その周辺は歪んで見えるという、とっても不思議なオブジェです。

スペースアイ

元々は、日本の彫刻家である多田美波さんの作品だそう。

ふれあいの滝

こちらは1981年に設置された「ふれあいの滝」。

ふれあいの滝

滝というだけあって、少し涼やかなスポットでした。ベンチも設置されているので、暑い日の休憩にもいいですね。

旧居留地の洋館風建物

レストラン

フラワーロードを奥まで進んで右に曲がると、洋館風の「レストラン VILLA BLANCHE」があります。建物が素敵な1軒家のフレンチレストランです。

オープンテラスの席

深い緑に包まれたおしゃれなお庭には、オープンテラスの席もありました。

東遊園地事務所

レストランの斜め向かいにも洋館風の建物があります「東遊園地事務所」で、旧居留地時代の在留外国人の社交クラブ「神戸クラブ」の外装を模して建てられたそうです。

霧の噴水

ちなみにこちらは「霧の噴水」。レストランを過ぎたところにあります。このエリアから給水を始め90年になったことを記念し、1990年に設置されたそう。池の縁石は、創設時の北野浄水場で使われていたものです。

ルミナリエのサブ会場にもなっている噴水広場

噴水広場

東遊園地南側の一番奥に位置する噴水広場。毎年12月に行われるルミナリエのサブ会場にもなっています。

噴水

この日は残念ながら、噴水の水は出ていませんでした。近くにいた施設のメンテナンスをされている方に確認したところ「しばらく水は出ていませんよ」とのこと…。

愛(仔馬の像)

こちらは噴水広場の横にあったオブジェ「愛(仔馬の像)」です。

愛(仔馬の像)

なんと1966年に設置されたとか!とっても古いオブジェなんですね。

1 2
ABOUT ME
あさき
あさき
旅の楽しみは、非日常的な時間を過ごしつつ、気ままに写真を撮ること。メジャーな観光地はもちろん、隠れ家風の場所・フォトジェニックなスポットなど、素敵な場所を訪れた時のワクワク感!が伝わるような情報をご案内できればと思います。