神戸市

【神戸】新神戸駅から徒歩5分!「布引の滝」は癒しの涼スポット

布引の滝

神戸の新幹線玄関口、新神戸駅から徒歩5分ほどの場所に、都会とは思えない豊かな自然が広がる「布引の滝」があります。

布引の滝は、雄滝・夫婦滝・鼓滝・雌滝の4つの滝の総称。日本の滝100選にも選ばれ、華厳の滝・那智の滝と並ぶ日本三大神滝の1つでもあり、平安時代から和歌にも詠まれてきた名瀑です。

今回は、新神戸駅から雌滝→鼓滝→雄滝・夫婦滝を巡って新神戸駅へ戻ってくるコースをご紹介します。

新神戸駅から最初の滝までは徒歩5分

改札を出たら駅構内の案内「JRハイウェイバスのりば・布引の滝」方面へ従って進み、1階の一番左の出口から外に出ます。

案内表示

壁に大きく「布引の滝0.4km」という案内表示があるので…

高架下

案内に従って新神戸駅の高架下にあるトンネルを通ります。少し不安になりますが、この道で合っているのでそのまま直進しましょう。

ゆるやかな坂

トンネルを出たら突き当りを右折して、坂道を登ります。六甲地域の案内図もありますのでご参考に。ちなみに右横の建物は新神戸駅のホームです。

ゆるやかな坂

道なりに沿って、ゆるやかな坂を登り続けます。

案内図

少し行くと、「背山散策路 北野道 北の異人館街~新神戸駅裏コース」の案内図。

左に曲がると、北野浄水場や港みはらし台を通って北の異人館街まで行くことができます。ここから北野異人館街までは1,100m、港みはらし台までは950mです。

今回は布引の滝へ向かうので、このまま道なりにまっすぐ進みます。

砂子橋

しばらく歩くと「砂子橋(いさごばし)」が見えてくるので、橋を渡ります。新神戸駅からここまでは約2分ほど。

砂子橋

砂子橋は、明治33年に導水管を渡すために建設された石造アーチ橋で、布引水源地水道施設の重要文化財に指定されているそう。

生田川

砂子橋の下に流れているのは生田川。新神戸駅からたった2分で、川や木々などの自然が楽しめるのは素晴らしいですね。

周辺案内図

砂子橋を渡ったら左に曲がります。橋を渡った先の正面には布引の滝の周辺案内図がありますのでご参考に。

まずは上品な滝と呼ばれる雌滝へ

分かれ道

まっすぐ進むと分かれ道がありますが、雌滝・雄滝へは右の道を進みます。

分かれ道

するとすぐに次の分かれ道。右の階段を上がると雄滝(270m)、左側の道を進むと雌滝(100m)です。

平坦な道

今回は最初に雌滝へ向かうため、左側の平坦な道を進みます。

お地蔵さま

道なりに進んでいくと、右側にお地蔵さまがありました。ここまで来ると少しずつ滝の音が聞こえてくる気配。

展望台

そのまま真っ直ぐ進むと、展望台らしきものが見えます。

雌滝

そのまま直進すると、布引の滝「雌滝(めんたき)」に到着です。新神戸駅からは約5分。あっという間の道のりです。

雌滝

雌滝の高さは19m、ここから約200m上流に雄滝があります。全体的な景観がなんだか上品な雰囲気。

滝の上の部分

生い茂る木々の中、流れ落ちる滝が美しいですね。

豪快に水が流れ落ちる様はなんだかとってもきれい。上品な滝と呼ばれるのも納得です。

雌滝

滝の手前には休憩スペースがあり、ベンチに座って滝を眺めることもできますよ。

1 2
ABOUT ME
あさき
あさき
旅の楽しみは、非日常的な時間を過ごしつつ、気ままに写真を撮ること。メジャーな観光地はもちろん、隠れ家風の場所・フォトジェニックなスポットなど、素敵な場所を訪れた時のワクワク感!が伝わるような情報をご案内できればと思います。