神戸市

【神戸】異国情緒あふれる「神戸旧居留地」でクラシカルな街並みを散策

神戸旧居留地

神戸三宮とベイエリア間の地区に、レトロな歴史的建造物が建ち並ぶ「神戸旧居留地」があります。

かつて神戸開港時に外国人が暮らしていた場所で、異国情緒あふれるクラシカルな街並みは歩いているだけでワクワク。

今回は神戸市役所・東遊園地周辺をスタート地点に、旧居留地エリアを散策する際に押さえておきたい建造物をご紹介します。

高砂ビル

高砂ビル

神戸市役所1号館と東遊園地の間の通りをしばらく歩くと見えてくるのが高砂ビル。昭和のロマンを感じる個性派ビルです。

1949年に高砂商社の自社ビルとして建設。1972年には自社ビルを貸事務所として運営しはじめ、現在ではアトリエ・写真スタジオ・ショップ、そして映画のロケ地としても使われています。

神戸朝日ビルディング

神戸朝日ビルディング

高砂ビルから北町通をまっすぐ進むと、突き当りに神戸朝日ビルディングがあります。テラコッタ造りの壁が重厚で美しいビルです。

1994年に低層階の外壁を旧神戸証券取引所の外観で復元して建設。地上25階地下2階の高層ビルで、現在は文化ホール・映画館・オフィス、そして映画のロケ地としても使われています。

ホテルケーニヒスクローネ神戸

神戸朝日ビルディングの斜め向かいには、神戸で有名な老舗洋菓子店「ケーニヒスクローネ」が経営する、ホテルケーニヒスクローネ神戸の旧居留地側正面入り口があります。

ヨーロッパ風の外観に、ホテル内あちこちで見かけるマスコット「くまのポチ」、甘い色調で整えられたかわいらしいお部屋、そして朝食ビュッフェでパン・ケーキ・フルーツが食べ放題!と、特に女子からは人気のホテルだとか。

いつか泊まってみたいですね~。

大丸神戸店

大丸神戸店

次に向かったのが、神戸旧居留地のランドマーク的存在の大丸神戸店。本館は1997年、阪神大震災後に再建されました。

東側のアーチ形のコリドール(回廊)は外国風のクラシカルな外観で、旧居留地の街の雰囲気に溶け込むようデザインされています。

並木道

大丸神戸店から、旧居留地38番館へ向かう並木道。旧居留地エリアは緑が多く、海から吹いてくる風も心地よいですよ。

旧居留地38番館

旧居留地38番館

ビルの名称「38番館」は、外国人居留地時代の区画番号。現在でも旧居留地の住所に使われているそうです(町名+番地の外国スタイル)。

旧居留地38番館

旧居留地38番館は、アメリカン・ルネッサンス様式のビル。1929年に世界的に有名なウィリアム・メレル・ヴォーリズ事務所による設計で、ナショナルシティ銀行神戸支店として建築されました。

南側の太い円柱はイオニア式円柱です。現在は大丸が所有し、別館としてショップ・カフェを展開しています。

仲町通り

旧居留地38番館から仲町通りを進みます。この通りにはかわいらしいハンギングバスケットが吊り下げられていました。

お花

こちらのお花も素敵ですね!旧居留地のクラシカルな街並みの雰囲気にもぴったり。

シティループバスのバス停

仲町通りには神戸の街を走っているシティループバスのバス停もありますよ。

1 2
ABOUT ME
あさき
あさき
旅の楽しみは、非日常的な時間を過ごしつつ、気ままに写真を撮ること。メジャーな観光地はもちろん、隠れ家風の場所・フォトジェニックなスポットなど、素敵な場所を訪れた時のワクワク感!が伝わるような情報をご案内できればと思います。